• Mitsu Itakura

オンラインビジネスの主な形態

2021年7月4日、2年ぶりに見上げる花火と共に迎えられたアメリカ独立記念日。

ここカリフォルニアもその頃からコロナ禍においての規制や自粛などほぼ無くなり経済再開!という雰囲気ではあります。かといって全ての生活状況がコロナ禍以前の状態に戻ったわけではなく、引き続きリモートワークを続ける会社も多かったり、必要なものはオンラインで購入する人や機会が格段に増えました。


人の外出が減れば、レストランや小売等の店舗ビジネスは特に、収益構造の何割かをオンラインへシフトしていかざるを得ない状況でもあります。店舗以外のビジネスにおいても、オンライン上でのビジネスを模索している企業は少なくないはず。そこで今回は、オンラインビジネスの主な形態とそれの特徴やビジネスモデルなどをまとめてみたいと思います。



オンラインビジネスのサービス形態は、大きく5つに分けられます。


  1. 製造または仕入れた商品を売る

  2. サービスや専門知識を売る

  3. デジタルコンテンツを売る

  4. 広告や影響力を売る

  5. クラウドソーシングなどでの受託、下請け


それぞれのサービス形態の特徴とビジネスモデル例を合わせてまとめてみます。


1、製造または仕入れた商品を売る


特徴:

  • ある程度の資金が必要

  • 当たれば大きな売り上げになる

  • スケールしやすい

  • 価格競争に陥る可能性が比較的高い

  • 在庫管理、輸送コストがかかる


ビジネスモデル例:

  • 自社ECサイト、越境EC

  • ドロップシッピング

  • 転売

  • ネットオークション(せどり)


2、サービスや専門知識を売る


特徴:

  • 在庫が不要

  • 資金がなくても始めやすい

  • 知識のアップデートが必要

  • 時間が売り上げの上限になる可能性がある

  • 競合との差別化が重要


ビジネスモデル例:

  • Web制作、アプリ開発

  • ウェブデザイン、動画編集

  • ウェブライティング

  • コンサルティング、コーチング

  • オンライン相談、遠隔診療


3、デジタルコンテンツを売る


特徴:

  • 在庫が不要

  • 資金がなくても始めやすい

  • スケールしやすい

  • マーケティングが重要

  • コンテンツ制作コスト(時間)がかかる


ビジネスモデル例:

  • オンラインクラスなど教育系

  • オンラインサロン、会員制ビジネス

  • デジタル商材販売(知識、アート、作品)

  • 電子書籍、音楽・動画配信

  • 写真やLINEスタンプなどの素材販売


4、広告や影響力を売る


特徴:

  • 人気、集客力が必須

  • 流行の変化に影響されやすい

  • コアなファンがつけば安定化する

  • フォロワー、ユーザー確保が需要

  • コンテンツ制作コスト(時間)がかかる


ビジネスモデル例:

  • ブロガー、Youtuber

  • インフルエンサー

  • メディア運営(広告販売)

  • アフェリエイト

  • マッチングサービス


5、クラウドソーシングなどでの受託、下請け


特徴:

  • 資金や専門知識がなくても始めやすい

  • 空いた時間を有効活用できる

  • 大きな収入にはなりにくい


ビジネスモデル例:

  • データ入力、文字起こし

  • ロゴデザイン、ライティング

  • プログラミング



上記の様なビジネスモデル形態の他に、収益モデルのパターンもいくつかあります。


  • 単発で商品を販売するスポット型

  • 定期購読やサブスクリプションで継続的な収益を見込むストック型

  • 投資や成果報酬などで変動するエクイティー型


それらを組み合わせることで、自社にとって最適なビジネスモデルを創っていくことが重要になりますね。


近年、特にアメリカでのオンラインビジネスにおいては、便利なアプリ(ソフトウェア)やプラットフォームが無数に存在していて、それらを駆使することでコストを抑えた形で比較的簡単にスピーディーにビジネスを始めやすい環境になりました。


最近よく聞くDX(デジタルトランスファー)と言われる様な大変革と考えると構えてしまうので、できるところから少しずつオンラインにシフトしていくなり、副業でオンラインビジネスを始めてみる感覚で捉える方が良いかと思います。それでも情報があり過ぎて、何から手をつけていいか分からない!という場合は、お気軽にご相談ください。


こちらのサービスもご利用いただけます:オンラインビジネス構築サポート


ビジネスモデルの構築や最適化、アメリカでのデジタルマーケティングに関してのご相談はこちらからお気軽に。


関連記事: