top of page

AIを営業職に活用する方法

単純作業などはAIに置き換えられると言われていますが、営業にもAIを活用できるということは知っているでしょうか?


私自身、1年間ほどではありますが、営業のバイトをしておりました。私の職場ではAIの活用などは全くされておらず、やり方がすごく非効率だなと感じておりました。この記事では、AIを営業職に活用し、より効率的にする方法を3つ紹介します。


1. リード生成


リード生成は、見込み客を発見し、その人たちが会社の商品やサービスに興味を持っている可能性がある情報を集めることです。AIは大量のデータを処理し、どの見込み客が最も購入に近いかを予測することができます。これにより営業は最も有望な見込み客に焦点を当てることができます。


この活用方法こそが最も営業に適しているのではと思っています。私が行っていた営業のバイトはいわゆる飛び込み営業でした。通りかかった人にどんどん声を掛けてくことが大事とされていました。しかし、このやり方は非常に非効率で、100人に声を掛けて一人から契約をしてもらえるかどうかでした。もし、AIをリード生成に活用していたならもっと効率的な営業ができ、契約件数が増えていたのかなと感じます。



2. 顧客個人に合わせられた商品の選定


生成AIを使うことで、特定の顧客が過去にどのような製品やサービスに興味を示していたかなどの顧客のプロフィールデータ、関連性のある他のデータを使用して顧客個人に合ったメッセージを作ることができます。まだ顧客になっていない見込み客にも、過去の行動や興味に基づいて個人に合わせた提案書を作ることができます。


このことも個人的にかなり重要だと感じています。飛び込み営業だったので当然と言われればそうなのですが、話しているお客さんの情報が全くなかったので、どんなものに興味を示してくれるかなどが全く分からず、かなり苦労をしました。



3. 営業パフォーマンスの向上


生成AIは営業のパフォーマンスを分析することができます。具体的に、個人のパフォーマンスの傾向や問題点を分析や、顧客との過去のコミュニケーションを分析することで、やり方の改善につなげることができます。また、営業スクリプトや模擬会話を作成して営業の練習に用いることも可能です。


私がバイトを行っていた会社では、全員が忙しい状態でしたので、各々が自分自身の営業を分析しなければなりませんでした。しかし、それではどうしても客観的なアドバイスを受けることができないので、できていない部分に気づきづらく、改善するのにかなり時間がかかってしまいました。もし、AIによって客観的な分析ができていたなら、メンバー全員がそれぞれの弱点などをもっと早く克服できていたとおもいます。また、会社で営業スクリプトは用意されていましたが、会話がスクリプト通りに進むことは少ないので、AIによって常にアップデートをしていく必要があると感じています。


このようにAIを活用することができれば営業はもっと効率的なものになります。また、時代が進むにつれてAIはさらに進化していくので、もっともっと効率的なものにしていけると思います。まだAIを導入していない企業もあると思いますが、積極的に導入して従業員を手助けしてほしいなと思います。


それでは皆様、Good Luck


ビジネスコンサルティング、起業・マーケティング支援サービスに関しては、無料相談フォームよりご連絡ください。




関連情報:




Comments


bottom of page