top of page

アメリカで留学、インターンを経験して

更新日:2023年6月22日

皆さんこんにちは。ゼロハチロックでインターンをしている秋山です。私は2022年の9月から2023年の6月までアメリカのカリフォルニア州のとある大学に留学をしていました。そして4月から6月までの最後の3か月間はインターンを行いました。今回はその感想を書いていこうと思います。





私は大学の三年の後期から一年間休学をして留学をしました。9月から12月は英語の授業だけを取りました。留学したての頃は、語学力がそこまで高くなかったからです。ただ、クラスには様々な国籍の人達がいて、みんなと仲良くなることができたので個人的に取って良かったなと感じています。特にこの時期はサッカーのワールドカップ期間だったこともあり、仲良くなった人たちと一緒に試合を見て、さらにそこで新しい人にも出会えてほんとに楽しかったです。自分と一緒に日本代表の応援もしてくれました。この時期に仲良くなれた人たちとは今も交流が続いており、週末は一緒にサッカーをしています。


1月から3月はマーケティングの授業を取りました。最初に3か月で語学力を向上でき、授業を取るための英語の必要条件をクリアすることができました。この3か月で出会った人たちはみんな優秀でした。クラスメイトは社会人が多く、世界的な有名企業から研修などで派遣されてきていたり、自分のビジネスを持っていたりする人が多かったです。授業内容はグループワークとプレゼンテーションが中心で、優秀なクラスメイト達の足を引っ張らないように何とかついていくので精一杯でした。授業以外でも予習や復習に追われ、この期間は勉強を中心に頑張ったなあと思います。


そして4月から6月はインターンを行いました。自分と同じコースを取っている人の多くがインターンをやっていました。ただ、このコースでのインターンは無給のインターンでした。1月から3月の期間に学校で履歴書の書き方や面接の受け方などインターンに関する授業がありました。しかし、非ネイティブで専門知識もそこまで持っていない自分はインターン先を見つけるのに苦労しました。ほとんどの学生が自分と同様に苦労していました。また、インターンとして雇うことはできるけど、雑用しかせないという企業もかなり多かったです。

最終的に自分はゼロハチロックでインターンをすることにしました。日系企業ということもあり、きちんとした業務をさせてもらいました。


自分は記事作成とSNSの運用をメインに行っていました。特に記事作成に関しては完全に初挑戦で、最初はどんなふうに書いていい中が全く分かりませんでした。色々調べながら記事を書いていき、次第に好きになっていきました。今ではこの記事が最後になるのがさみしいです。SNSも個人のしかやったことがなく、企業のものを運用するのは初めてでとても楽しかったです。


この9か月間の留学は自分にとってすべてが初めての経験でした。全てが留学に行く前に想像していたようなキラキラしたものではありませんでしたが、やってよかったなと心から思います。もし留学に行くか迷っている人がいたら勇気を出して行ってほしいなと思います。


Comments


bottom of page