top of page
  • Hiromu Hatoko

アメリカの留学生必見!OPT体験記

みなさんは今までにアメリカで働いてみたいと思ったことはありますか?基本的に日本人がアメリカで働くためには就労ビザやグリーンカードの取得などが必要となってきます。今回は学生ビザで、ある一定の条件を満たした人が申請できるOPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)と呼ばれるプログラムを私自身も申請しましたので、簡単にご紹介できればと思います。


OPTとその申請資格

OPTとは学生ビザで米国に留学している留学生が、一定期間、学外で働くことを許可する就労許可の一種です。OPTの資格を得るには、少なくとも1年間学位プログラムに在籍していること、そして自分の研究分野に関連した仕事のオファーがあることが条件となります。この制度は、専攻分野での実務経験をアメリカで積むことができる絶好の機会になります。


OPTの利点の1つは、学業で学んだスキルや知識を応用して、実社会で働くことができる点です。これは、卒業後に米国でキャリアを積むことを計画している場合、特に価値があります。ちなみに学生ビザにおいてOPTを利用しない場合は学校キャンパス内のアルバイトのみ可能となっています。ですのでOPTを申請しない限り、学校外で働くことは現在違法となっています。


またOPTで働くことができる期間には制限があり、 許可は毎年更新されなければなりません。この機会を最大限に活用するため、OPT期間中の時間を慎重に計画・管理することが重要です。基本的には1年間しか有効期間がありませんが、主に理数系科目の対象学部の生徒は、STEM OPTという2年間の延長を追加で申請することが可能となっています。私の場合、ビジネス学部マーケティング学科を卒業したのですが、この学部はSTEM OPTの対象であると学校の担当者から言われました。


OPT受け入れ企業を探すコツ

米系企業はOPT含むVISAのことをあまり知らない上に即戦力を求める会社が多いので既にアメリカ進出している日系の会社や日本人オーナーの現地法人に直接声をかけてみるのも良いと思います。私はマーケティング学部でしたので、それに関連するサービスを提供している日系企業に直接問い合わせをするという方法で仕事を見つけました。求人サイトに募集が出ていないケースもあったので直接という方法をとりました。またアメリカ中西部の大学を卒業する方は地元で日系企業を探すのは難しいと思いますので、ニューヨークやカリフォルニアで仕事を探す場合は、びびなびの求人LinkedInIndeedなどの求人サイトを利用するのも良いかもしれません。


もし米系企業で仕事をしたい場合は、在学中の時からインターンシップに積極的に参加し、卒業したらOPTとしてそのまま雇ってほしいという旨を伝えておくことをお勧めします。私の台湾人の友人は大手米系ホテル企業でのインターシップを終えた後、OPTとしての継続雇用をしてもらうことに成功していました。


最後に

全体として、OPTはアメリカに滞在する留学生が実務経験を積み、キャリアを向上させるためにはとても有益な制度だと思います。そしてもし受け入れ企業との相性がよければ、そのままVISAスポンサーになってくれる可能性も十分にあります。このプログラムへの参加資格と関心がある場合は、選択肢を検討してみるのも良いかもしれませんね。


ビジネスコンサルティング、起業・マーケティング支援サービスに関しては、無料相談フォームよりご連絡ください。





bottom of page