• ASTERAS

ドローンフライト日誌【San Pedro】【日没前のSan Pedro】


ドローンフライト日誌【San Pedro】

アメリカでは空港から5マイル圏内は飛ばす前に管制塔に連絡が義務付けられていることもあり(対象外機材を除く)、自由に飛ばせるところは多くありません。

その中でもそこそこ良い映像が撮れる場所として挙げられるのはサンペドロにあるKorean Bell of Friendshipではないでしょうか。

朝6時にゲートがオープンし、夕方6時にはゲートが閉まりますが、アメリカでドローンを飛ばせる時間帯はサンライズの30分前、サンセットから30分後までという規制がありますから、特に問題はないでしょう。 また駐車場は基本無料で、天気の良い日は海の向こうにカタリナ島も見えます。

最近のDJI Goのアプリには動画編集機能も付いていてこの上なく便利です。

動画は↓からご覧いただけます。

それでは皆さん、Happy Drone Lifeを!!

*この記事は2017年11月に掲載されたものを転載しています © ASTERAS CORP --------------------------------------------------------------

ドローンフライト日誌【日没前のSan Pedro】

サンペドロのKorean Bell of Friendshipで再度ドローン空撮を楽しんできました。

今回はちょうど日没時を狙って行ってきました。 最近冬時間になり、日没が夕方4時半頃なので、日没時を狙うのは結構至難の業になってきた印象です。

DJIのファントム4(プロ)には撮影時にビデオサイズが4Kまで選べるようになっているので4Kモードで今回は撮影。 * と言うか、今まで大は小を兼ねるということで基本的に4Kモードでばかり撮っていました。

しかし、どうにもこうにも映像にノイズが走っている(チラツキが多い)ことに気付いたのです。

撮影した時の動画は↓からご覧いただけます。

とてもじゃありませんが4K画質と言うには程遠いほどの出来映えではないでしょうか。

ファントムはDJIから購入していますし、ファームウェアも頻繁にアップデートしています。

当然マイクロSDカードは購入時の付属品を使っているので、まさかSDカードへの書き込みスピードが原因ではないとは思うのですが・・・

ひょっとしたら4K対応のテレビなどで見ると、実はものすごーくキレイに見えるのかも?と淡い期待を持っていますが、残念ながら4Kテレビ(モニターも)を所持していないので確認すら出来ず・・・ ちなみにスマホ(iPhone 7)で見ると普通にキレイでしたが・・・

取り敢えず解決するまでの間、1080P/60で撮影していきたいと思います。

こうすれば解決する、実はキレイに映っている、4Kで見たけどやっぱり良くないなど、参考になるコメントを頂けると大変助かります。

それでは皆さん、Happy Drone Lifeを!!

*この記事は2017年11月に掲載されたものを転載しています © ASTERAS CORP

Posted by ASTERAS

#ドローン #ASTERAS

無料ニュースレター登録

配信頻度は毎月1回。アメリカ・カリフォルニア州より

ビジネス・経営・営業・マーケティング・起業・海外進出などに役立つ情報提供と、

代表:Mitsu Itakuraのコラム、ゼロハチロックからのお知らせ他をお送りいたします!

Zero-Hachi Rock, ゼロハチロック ロゴ

©Copyright  2016 - present, Zero-Hachi Rock, Inc. All rights reserved.

  • Facebook:ゼロハチロック
  • Instagram :ゼロハチロック
  • Twitter:ゼロハチロック
  • ポッドキャスト:ゼロハチロック
  • YouTube:ゼロハチロック