ビジネス・人の生き様・心を軸に有益な情報を共有します。

動画マーケティングについて

June 8, 2016

今世界で動画広告が盛り上がっています。2015年のアメリカの動画広告の市場規模は77億7000万ドル(約8,547億円)、2019年までに143億8000万ドル(約1兆5,818億円)に拡大すると予想されています。Data:http://www.emarketer.com/
    
動画コンテンツを活用する目的は、より多くの情報を消費者へ効率よく伝達できるから。

 

動画が伝えられる情報量は多く、1分間の動画はWebページに換算すると3,600ページ分に相当すると言われます。また、テキストよりもメッセージが受け取りやすく、言語の壁を超越したユニバーサルなメッセージを配信することも可能です。そして認知度やブランドイメージのアップ、購買動機の喚起などにおいても非常に効果的な方法です。 

 

 

こういった背景を元にすでに多くの企業はTVCMから動画広告へのシフトが進んでいます。

今まではテレビというマスマーケティングに多くの費用をかけ、多くの人達に語りかけるマーケティング方法が主流でしたが、現在は「動画ポータルサイト」を通して、多くの方にも、またはある特定のカテゴリーの方へも、どちらにでも直接配信できるようになりました。

 

すなわち、「映像」を、「マス(大衆)」にも、「パーソナル(個人)」にも、配信できる環境となったのです。では動画マーケティングを採用するメリットをもう少し詳しく説明していきます。

 

1.マーケティング活動の多元化
動画広告はPC、スマホ、タブレットなどの普及で多くの方(もしくは全世界)にアプローチが可能。

 

2.認知度とブランドイメージの向上
商品やサービスをビジュアルとサウンドを通して直感的に説明することで認知度とブランドイメージの向上が期待できます。

 

3.セールス最大化への貢献
動画をウェブサイトに導入することでコンバージョン率(CVR)がアップします。

 

4.広告費用のコスト削減
動画を作成すれば、広告活動がとても幅広くでき、最小限の費用で行うことが可能。例えば、その動画が視聴された時のみ課金されるような広告システムなどがあるのでコスト削減にもつながります。

 

5.口コミの効果の促進
ユニークな動画をYouTubeやFacebookなどSNSへの広告やシェアすることで口コミ効果(バイラル効果)を促進します。

 

 

 

動画マーケティングのための映像制作には高いコストが掛かるイメージがあるかと思いますが、最近では、カメラ機材や編集ソフトなどの機能性が充実し、比較的低コストでの制作が可能となってきています。


動画制作や動画コンテンツマーケティングに関して、

ご質問・ご相談があればお気軽にお問い合わせください。

 

Posted by Media Focus, Inc.

 

Please reload

関連記事
Please reload

無料ニュースレター登録

配信頻度は毎月1回。

ビジネス・経営・営業・マーケティング・起業・海外進出などに役立つ情報提供と、代表:Mitsu Itakuraのコラム、ゼロハチロックからのお知らせ他をお送りいたします!

サイト内検索
カテゴリー
ポッドキャスト:1%の情熱ものがたり
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

RSS Feed