• 友莉

Interview #1 : アメリカで働く新米起業家の話


様々なフィールドで熱い想いを持って活躍している方々へインタビューを行います。

人はなぜ仕事をするのでしょうか?モチベーションはなんなのでしょうか?

ひとりひとり違う想いがあるからこそ成り立つ、社会の一部を覗けたらと思っています。

一人目!

清水龍青さん (CEO at Poasis:https://www.poasis.co/)

2015年6月にUCLAを卒業後、自らアプリを開発、留学先であったアメリカロサンゼルスにて起業。

Q:はじめに、事業内容を教えてください。 自分が持っているパーキングを貸し借りできるプラットフォーム、また、行き先のより安い駐車場情報を提供しています。 Q:アメリカに来たきっかけはなんだったのでしょうか? 実は高校卒業後に日本の大学に1年行きました。しかし、自分の元々目指していた大学ではなかったため、満足できなくなりました。いてもたってもいられなくなりアメリカ留学を決意しました。

Q:もともと起業を視野に入れて就職活動を行っていましたか? はい、将来的に起業したいと思っていたため、それを考慮した上で就職活動をしていました。幸いにも内定を頂き、まずは日本の会社で沢山の事を学ぶために帰国を考えていました。しかし、悩んだ末、人生は短く、自分自身で会社を立ち上げて沢山の事を経験しながら学びたいと思い始めました。そこで、アプリ開発に時間をかけ、ついこの間今年の3月から働く予定だった会社への入社を辞退させていただきました。 Q:アプリ開発をするにあたって何か気づいたことはありますか? アプリを作っている時は無我夢中でやっていたけど、開発し終わって、さあビジネスを始めるぞっていう時の方がさらに大変だと痛感しています。(笑)ユーザーからのフィードバックをもらうことがとても大切だと思っています。 Q:アメリカで働く醍醐味はなんだと思いますか? 日本はどんなにサービスや商品が悪くても企業のブランドでカスタマーがどのサービス、商品を利用するかを選ぶが、アメリカはサービスが良ければみんなそのサービスや商品を利用するだろうと思っています。アメリカのほうが起業家に対して受けがいいし、市場規模も日本より大きいため、自分のキャリアを築く場としてアメリカを選択しました。 Q:今後どのように発展していかれる予定ですか? まずはロサンゼルスで事業の基礎を磨き、他のパーキングが必要大都市に展開していきたいです。 Q:アメリカで事業を行いたい方向けに一言お願いします。 僕も始めたばかりなのでなんともいえませんが、努力すればなんでも出来ると思うのでともに情報交換しながら頑張りましょう! Q:最後に、なぜ仕事をするのか教えてください。 人を笑顔にするためです。具体的には僕の事業はパーキング関連なので、駐車場がなくて困っている人をより幸せにするためです。臭い言葉かもしれませんが、これは就職活動の軸でもあり、従業員、お客様を含めより多くの人を幸せにすることが夢です!

<インタビュアー友莉のコメント>

日本への就職先が決定している中での起業の決意。強い意志がないとなかなか実行に移すことはできないと思います。実際にインタビューをさせていただき、一人で一からアプリ開発、メンテナンス、フィードバックをもらった上でのさらなる改善、と多くのことに日々追われていることが伝わってきました。しかし、そんな多忙な中でも生き生きとした表情を見ることができたのは、自分自身がやりたいことに向けて無我夢中に走っているからと感じました。今後の活躍を応援しています!

Posted by 友莉

#起業家 #清水龍青 #友莉 #インタビュー #起業 #アプリ開発 #就職活動 #仕事

無料ニュースレター登録

配信頻度は毎月1回。アメリカ・カリフォルニア州より

ビジネス・経営・営業・マーケティング・起業・海外進出などに役立つ情報提供と、

代表:Mitsu Itakuraのコラム、ゼロハチロックからのお知らせ他をお送りいたします!

Zero-Hachi Rock, ゼロハチロック ロゴ

©Copyright  2016 - present, Zero-Hachi Rock, Inc. All rights reserved.

  • Facebook:ゼロハチロック
  • Instagram :ゼロハチロック
  • Twitter:ゼロハチロック
  • ポッドキャスト:ゼロハチロック
  • YouTube:ゼロハチロック